尿石・結石について

尿石について

下部尿路疾患のひとつである尿石症は一般に、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが多い食事によりかかりやすくなると言われています。猫の尿石にはいくつか種類がありますが、代表的なのは、マグネシウム由来のストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)と、カルシウム由来のシュウ酸カルシウムの2種類です。この2つの尿石は結晶化しやすい尿pHや発症しやすい年齢が異なります。そのため食生活では、成長段階にあったフードを選ぶことも大切です。

年齢ごとに異なる2種類の尿石

ストルバイトマグネシウム由来の尿石

1歳~6歳までの成猫期の猫に多い尿石です。

尿pHがアルカリ性になると結晶化しやすくなるため、尿を酸性に調整する必要があります。

尿pHがアルカリ性になると結晶化しやすくなるため、尿を酸性に調整する必要があります。

シュウ酸カルシウムカルシウム由来の尿石

7歳からの高齢期・11歳からの老齢期の猫に多い尿石です。

尿pHが酸性になると結晶化しやすくなるため、尿をアルカリ性に調整する必要があります。

尿pHが酸性になると結晶化しやすくなるため、尿をアルカリ性に調整する必要があります。

※ペットライン調べ

尿石の種類と尿pHの密接な関係

猫の下部尿路疾患を予防するためには、マグネシウムやカルシウムの過剰摂取を避けるなど、ミネラルバランスを調整することが重要です。また、尿pHの値を年齢に応じてコントロールしてあげることもとても重要です。年齢によってストルバイト尿石とシュウ酸カルシウム尿石ができやすい尿pH値は異なります。成猫期に多いストルバイトはpH値が6.6以上で結晶化しやすく、高齢期に多いシュウ酸カルシウムはpH値が6.0以下で結晶化しやすいとされています。

出典「(改訂版)動物看護のための小動物栄養学」阿部又信著

戻る
Topページへ戻る